マルジェラのネックレスの思い出。

マルジェラのネックレスには私はかなりの思い出があります。

ちょっと昔のトランプが分かれる形のネックレスで超かわいいのですが。

私にとっては苦い思い出となってしまいました。

それは残念なんですが、デザインがかわいすぎて
はずせないでいます。汗

ある意味でノロいのネックレスとなっています。笑

このネックレスに限らず、マルジェラのネックレスはかわいいものが多いですよね!!

なんであんなにかわいいんでしょう!!

これからもベタぼれです!

というより、小物全般がかわいすぎ。。汗
posted by マル at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マルジェラについて

コレクションライン
現在マルタンマルジェラの服や小物には0〜23迄の数字が明記された白地の布が縫い付けられており、そのタグからコレクションラインを読み取る事が出来る。この表記方法は、恐らくメンズラインがコレクションに加わった辺りから採用されている仕様で、以前のレディースコレクションのみの時は現在のコレクション「1」同様に、何も書かれていない白い布が縫い付けられているだけだった。(下記参照)

0−手仕事により、フォルムをつくり直した女性のための服
0 10−手仕事により、フォルムをつくり直した男性のための服
1−女性のためのコレクション ※ラベルは無地で白
4−女性のためのワードローブ
10−男性のためのコレクション
14−男性のためのワードローブ
11−女性と男性のためのアクセサリーコレクション
22−女性と男性のための靴のコレクション
13−オブジェ、または出版物
MM6−♀のための服


作る服の方向性としては「アンチモード」を掲げており、中でも軍服のリメイク品や中古ジーンズに白ペンキのペイント等の作品は「ポペリズム」(貧困者風)と呼ばれた。それまでの煌びやかで優雅な雰囲気を持つ「モード」とは対極のコレクションとして「デストロイコレクション」とも呼ばれ、以降マルジェラの代名詞ともなった。又過去には、畳むと四角になる服などのデザインでコムデギャルソンと合同でショーを行った事もある。(マルジェラ自身も、コムデギャルソンのデザインやデザイナーの川久保玲を深くリスペクトしている)初期から日本の売り上げが多く、最初からの大取引先である仙台の「レボリューション」との関係は有名。尚、2002年にディーゼル社に買収される。


マルジェラ人物像
コレクションのフィナーレに姿を見せる事は殆どなく、現在でもファッション業界関係者でマルジェラの素顔を見た人は極少数。 雑誌のインタビューもFAXで質疑応答し、ミステリアスな雰囲気を演出している。 (デビュー直後はまだイメージ戦略が立っていなかった為か、記者と対談しインタビューに答えている。 「初めてゴルチェのステージを見た時の感動」を普通に返答している。)


参考:wikipedia
posted by マル at 03:23| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。